「心をひらいて、音をかんじて」

昨年(2023年)日本語版が出版された絵本『心をひらいて、音をかんじて』は、耳のきこえない打楽器奏者エヴェリン・グレニーのことを私たちに伝えています。この本は障がいのある人を描いた児童書に送られる2023年度「シュナイダー・ファミリーブック賞」を受賞しました。日本語版の翻訳をした中野怜奈さんにお話を聞きました。

どのような経緯で原作に出会い、翻訳しようと思われたのですか?

中野 「学校司書として勤めていた学校に支援学級があり、生徒たちはよく図書館を利用していましたから、障がいを描いた子どもの本で、よい作品があれば、日本に紹介したいという気持ちが以前からありました。

原書の情報は一昨年の6月ごろ、アメリカの児童書評誌『ホーンブック』で見つけました。まえから興味をもっていた画家が絵を描いていたので、すぐに原書を購入しました。詩的な言葉、絵と文があわさった表現の美しさにひかれ、ぜひ訳したいと思いました。

エヴェリンのことをしらべるうちに、音楽院の入学試験の際、障がいを問題視した先生がいましたが、それでもオーディションを受けられるよう交渉するなど、自分の道を切り開いていく強さをもっていることがわかり、そこにひかれました。中等学校のときには、8時間ノンストップでピアノと打楽器を演奏し、自分と友人がつかう補聴器の費用を集めたそうです。

アフリカで障がいのある子どもの支援活動を行っている団体 AbleChildAfrica を長年後援していたり、システマ・スコットランドのアンバサダーをしたりもしています。自分の賜物を社会のためにつかっているのが、とてもすてきだと思いました」

(左)『心をひらいて、音をかんじて』 耳のきこえない打楽器奏者 エヴェリン・グレニー    シャノン・ストッカー文 デヴォン・デヴォン・ホルズワース 絵 中野怜奈 訳 (光村教育図書) 2023年7月25日 第1版発行

(右)翻訳者の中野怜奈さん ミュンヘンにて(学校司書、国立国会図書館国際子ども図書館の非常勤調査員として勤務のかたわら、ミュンヘン国際児童図書館の日本部門を担当し、毎年数週間をミュンヘンで過ごす) Facebookより許可を得て掲載

翻訳の途中で苦労されたことがあったら教えてください。

中野 「すごい人の話でしょう!というような、偉人伝にはしたくないという思いが強くあったので、できるだけ押しつけがましい訳にならないようにしたいと思いました。

最初の見開きは “listen” という文で終わって次ページにつづき、つぎの見開きや最後の見開きも “Listen…” という言葉で終わっています」

原作のタイトルが “listen” ですね。大事なポイントにこの言葉が何度も使われているのですね。

中野 「ページのつながりを意識し、次ページにどんどん引っ張っていくようにしたいと思い、その場面に最もふさわしい訳を工夫しました。数多くのエヴェリン・グレニーについての記事を読み込み、

• hear と listen はちがう。listen は心を対象にむけること。みずから関わりをもとうとする行為。耳が不自由でも、聞くこと(listen)はできる。

• 自分の心の声を聞くことが大切。

だと語っているのを頭に入れた上で、”listen” という言葉をどう訳したらいいか、場面ごとに考えました。信頼できる複数の情報源を参照し、伝記としても間違いのないように心がけました」

背景調査など目に見えないところにも時間をかけているのですね。この本を通じて何か新しい発見があったら教えてください。

中野 「この本を読んで、聞くことの概念が変わったように感じています。聞くというのに一つのやり方があるのではなく、いろんな聞き方があるのだとわかりました。エヴェリンが全身で音を感じる姿をとおして、わたしも世界の新しいとらえ方を知り、それによって自分の世界も少し広がったというか、世界が豊かになったように思いました。それはきっと、オーディションのときの審査員もそうで、他者への想像力をもったときにはじめて、音が心にはいってくるのだと思います。カバー袖にも書いたことですが、エヴェリンはわたしには聞こえない音を感じているのだと思ったとき、はっとしました。深い悲しみの中にいると、無音のように感じるときがありますが、それでもわたしには聞こえない音が鳴っている、世界はいつも音にあふれているのだと思ったら、とてもほっとしました」

この絵本を読んで思い出したことがあるのですが、障がいを持つ人の通所施設に「朗読コンサート」という読み聞かせと音楽の演奏をする活動の仲間で伺ったとき、施設の方から一人耳のきこえない男の子がいると聞きました。その子は最前列に座っていて、最初は楽しんでもらえるか不安もありましたが、会が始まるとまったく心配の必要はなく、とても楽しそうに一緒の時間を過ごしてくれました。きっとその子も体全体で感じ取ってくれていたのだと思います。本人ではなく周りの人が必要以上にバリアを作ってしまうということもあるのかもしれません。

今翻訳で取り掛かっている本はありますか?

中野 「読み物2冊と絵本1冊を翻訳しています」

新しい本が出るのを楽しみにしています!

メールをご登録いただいた方には新着記事の配信を致します。